屋根裏に適したアンテナを取り付け【八木式アンテナとデザインアンテナ】

台風や大雪に見舞われる地域でも安心!屋根裏設置ができるアンテナ

屋根裏に設置可能なアンテナを知る

屋根裏に設置できるアンテナは、大きく分けて2種類あります。以下に2種類のアンテナの特徴を記載します。

屋根裏に最適なアンテナの特徴

八木式アンテナ
八木式アンテナとは、屋根の上によく取り付けられている一般的なアンテナです。細い金属の棒を組み合わせたような形状が特徴です。地デジ化された現在ではUHFアンテナと呼ばれており、本体価格は4,000円前後と他のアンテナに比べ安い価格で購入ができます。難点はサイズも大きく、雨や風、雪の影響を受けやすいこと。そのため、設置をする場合は自然環境下での影響や電波状況などを考慮し、最適なアンテナを設置できる業者に任せるとよいでしょう。
デザインアンテナ
デザインアンテナとは、八木式アンテナとは異なり、平面で薄い箱型の形状をしたアンテナです。形状やカラーなどは自由に選んで設置ができるので、設置をしても建物の景観を損ねることはありません。また、大きさが非常にコンパクトであることから屋根裏などの狭いスペースでも問題なく設置をすることができます。難点は電波の受信感度が八木式アンテナに比べて低いこと。電波状況の悪い家であれば受信ができない場合もあるので、設置前に電波状況の調査をしっかり行なう必要があります。電波状況が悪い家の場合、業者はブースターの設置などを行ない対処します。

BSアンテナは屋根裏に設置できない

アンテナ

BS放送を受信できるアンテナは、パラボラアンテナと呼ばれる円形のアンテナです。大型であり目立つ見た目であるため、建物の景観をよくするため屋根裏などに設置したいと考える人も多いでしょう。しかし、BS放送は屋内の設置は難しく、屋外での設置が推奨されています。理由はBS放送の周波数の高さにあります。電波は周波数が高いほど、障害物に当たった時の減衰率が高くなります。屋根裏のように周囲が全て遮蔽物で覆われていると、BSの電波もほとんど遮断されてしまうため、屋根裏に設置するとアンテナとして使用することができなくなってしまうのです。アンテナ取り付け工事を行なう業者は、目立つBSアンテナを外から目立たなくさせる隠蔽設置工事も行なえます。パラボラアンテナの見た目が気になるという人は、業者に設置方法を相談してみるとよいでしょう。