アンテナ取り付け工事の過程~依頼してスムーズに設置できる~

台風や大雪に見舞われる地域でも安心!屋根裏設置ができるアンテナ

業者に依頼して屋根裏にアンテナを取り付けてもらう

実際に屋根裏へアンテナの取り付け工事をする場合、どのような流れで設置作業を行なうのでしょうか。

取り付けを行なう流れ

アンテナ工事業者に相談

アンテナの取り付け工事を業者に依頼する場合、まず業者へ連絡を行なう必要があります。住んでいる地域で工事を請け負っている業者を調べ、電話を掛けて連絡しましょう。電話連絡の際に、アンテナ工事について疑問点や、屋根裏にアンテナを取り付けて欲しいといった工事の要望があれば、遠慮なく電話対応をしているスタッフに伝えましょう。自宅に作業スタッフが来た場合に、スムーズに調査や作業を行なえます。

屋根裏の状態と電波を計測する

電話連絡で調査を行なう希望の日時を伝えれば、伝えた日時に作業スタッフが訪れます。作業スタッフは、地デジ専用の計測器を使用しながら、自宅の電波強度を確認します。屋根裏へのアンテナ工事を依頼した場合、作業スタッフは屋根裏にあがって電波の強度を調査するのです。十分な調査ができれば、アンテナ取り付け工事による見積もり書を作成し、提示します。作業内容や費用について納得ができれば、即座にアンテナ取り付け工事を行ないます。

取り付け作業開始・作業終了後に支払い

アンテナの取り付け作業はその日の内に完了します。工事時間はおよそ1時間程度なので、施工終了まで長時間待たされることもありません。作業終了後に費用の支払いを行なえば、作業員は道具の片付けと清掃を終えて引き上げます。業者によっては、後日銀行振り込みによって費用の支払いを行なえるところもあります。

取り付け費用が気になる人は

アンテナ工事の費用相場は、およそ3万円から10万円となります。設置費用に大きな幅があるのは、ブースターなどの機器の設置や、難しい場所へのアンテナ設置工事による手数料によって価格が大きく変わるからです。また、業者ごとの価格設定も異なっているので、費用の面で業者を比較する場合は、各業者に見積もり依頼を出すとよいでしょう。多くの業者は見積もり依頼を無料で行なえるので、費用負担もなく依頼することができるでしょう。